リーマン旅ちゃんねる ~サラリーマンでも出来る。国内~海外旅行まで。 地域情報ブログ~

サラリーマントラベラーとして国内旅行~海外旅行まで様々な観光スポットを紹介します。 サラリーマンをしている限り、まともに旅行も出来ないと思っている人!いろいろ工夫すればサラリーマンをしながらあちこちいけます!

リーマン旅ちゃんねる

サラリーマントラベラーとして国内~海外旅行まで様々な観光スポットを紹介します。 サラリーマンをしている限り、まともに旅行も出来ないと思っている人!いろいろ工夫すればサラリーマンをしながらあちこちいけます!

↑ 読者になるとメールでブログの更新通知が届きます。

New ! 別ブログ開設しました。

羽田空港に1ヶ月住んでみたという記事を読んで。思い出したこと。

毎日更新するモチベーションになります(TT)
ご覧になる前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

f:id:aagi123:20200603170704j:plain

なかなか、強烈な記事を見つけたので紹介。

dav.blog.jp


・・・世の中は広いですね。

 

15年くらい前、早朝便に乗るために、羽田空港国内線ターミナル

シンガポール チャンギ空港に泊まったことはありますが・・・。

 

感想、肉体的にキツい!

 

若いときでもキツかったことを覚えています。

紹介ブログ内では、羽田空港国際線ターミナルですが、肉体的にキツいのは変わらないですね。

ネットカフェでフルフラット(部屋によりけり)・・・2000円前後で、ファーストクラス並みの快適さを味わえるなら、ネットカフェ一択ですね。

場所によってはシャワールームもありますし。

(飛行機の中にもエミレーツ航空ファーストクラスなどではシャワールームあるようですが、お値段100万前後 汗)

https://www.youtube.com/watch?v=AZGQXYpz19U

 

羽田なら多少お金払ってでも、ネットカフェ個室で寝た方がマシでしたね。汗

今はどうなったかわかりませんが、国内線ターミナルは、深夜は「就寝ゾーン」

ということで早朝便を待つ客は、一カ所に集められて、朝は五時前に警備員にたたき起こされ、そこの場所で、そのまま就寝をすることは禁止されていた記憶があります。

 

シンガポールチャンギ空港はずっと寝れますが、エアコンガンガンに効いていたから、

風邪引いた記憶が。

静かに休める場を求めて、prayers room という案内板発見!

ん?players room?娯楽スペースに違いない!さすが何でもあるチャンギ空港

こんな物まであるのか、、、

 ここならゆっくり休めそうと思っていったら、カードゲームでもみんなでやってるのかな

みんな歓声上げてたらどうしよう・・・

 

pray = 祈り

 

だったんですね。

https://www.changiairport.com/en/airport-guide/facilities-and-services/prayer-rooms.html

探し求めていた静かな環境はありますが(当たり前!)、すぐに退散 汗

きっと当時とはいろいろ変わったと思いますが、エアコンガンガンは変わらないでしょうね。

今は空港ターミナル内のどこかに有料で寝られるスペースできたらしいからそこ使えば良さそうですね。

 

*当時は、praeyers roomなじみのない言葉でしたが、今は日本国内の主要空港あちこちにprayer room増えたみたいですね。

 

あわせて読みたい関連記事

www.rtabich.com