GoToイートの問題について思うこと│リーマン旅ちゃんねる

GoToイートの問題について思うこと

ちょっとブログの趣旨から外れている気がしますが、思うこと。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6372977

Go To イートでポイント荒稼ぎ、1品だけ注文「トリキの錬金術」に鳥貴族が「悩んでおります」

次から次へ。。。よく考えますね。コメントを見ていると農水省批判のコメント多いですが。
ちょっとこれは農水省担当者を責めるわけには行かないですね。
私も気づきませんでした。

批判だけするのは簡単。でも当事者意識を持ってこういった問題に事前に気づいた人はどれくらいいるのでしょう?誰もが気づいている問題ならば批判されても仕方ないですがこの問題提起、事前に個人だけでなくマスコミも全くしていませんでしたよね?

事前に誰も問題に気づかなかったのに後から批判するのは後出しじゃんけんと同じだと思います。

問題が起こると困るのは国ではなくて、こういったキャンペーン原資は税金。困るのは自分自身です。他人事ではありません。

事前に全ての穴を塞ごうと完璧を考えたら、始まるまで時間がかかりすぎる
コロナで飲食店の置かれている状況は待ったなしスピード勝負ですから、とりあえず始めてみて、問題が発覚した都度、農水省が素早い対応できるかが重要だと思います。問題は一度決めたことだから変えられないではなく、後から変更しやすい制度設計にしてあるか、一度決まったことだから、、、ではなく、柔軟に修正対応出来るか、そこには農水省さんに期待したいですね。

GoToトラベルのいろいろな穴にも同じ事が言えると思います。

完璧にしてからスタートでは動きが遅すぎる。

何にでも言えることですが、まず始めてみて走りながら問題が出たら、都度軌道修正しながら考えないとスピードを考えることは出来ないと思います。

この辺の完璧主義の考え方が官公庁に限らず,日本の民間企業も動きが遅いと感じられる点かなと思います。

旅行記ではなくオピニオンみたい・・・。